.

施工ガイド

地盤改良工

現況地盤をご確認させていただき、軟弱な地盤の場合は現地盤の土にセメント固化材(袋物、フレキシブルコンテナ)を混合、撹拌、転圧を行います。

地盤の耐力を増すことで不等沈下を防ぎ、良質な地盤に改良し安定させます。

不陸整正工

舗装または路盤工の施工前に路盤工表面、路床面の不陸を整正します。

周辺環境、土地の形状にもよりますが、比較的広い土地や道路においてはモータグレーダ3.1m級により不陸整正作業および敷均し作業を行い、ロードローラ、タイヤローラにより締固め作業を行います。

小規模な場合は、人力やバックホウにて敷均し作業を行いプレートコンパクタや振動ローラにて締固め作業を行います。

路盤工

路盤工はアスファルト舗装を支える基盤のため、ダンプトラックから荷降ろされた路盤材料を均一に所定の仕上がり厚さに敷均し十分に締固めます。周辺環境、土地の形状にもよりますが、比較的広い土地や道路においてはモータグレーダ3.1m級により敷均し作業を行い、ロードローラ、タイヤローラ等の転圧機械により所定の密度が得られるまで締固めます。

小規模な場合は、人力やバックホウにて敷均し作業を行いプレートコンパクタや振動ローラにて締固め作業を行います。アスファルト舗装の出来映えの大きな要因となるため平坦に仕上げます。

表層工

路盤面にアスファルト舗装の接着を良くし、路盤表面部を安定させるようアスファルト乳剤をディストリビュータやスプレーヤにより、アスファルト混合物を施工する前に散布します。

アスファルト混合物の敷均し方法には人力施工と機械施工があり、工事規模に応じて決定します。

機械施工の場合、ダンプトラックで運搬されたアスファルト混合物をアスファルトフィニッシャに供給し、所定の仕上がり厚さが得られるように敷均し、ロードローラやタイヤローラ等の転圧機械により所定の密度が得られるまで締固め、所定の形状に仕上げます。人力施工の場合、アスファルト混合物を人力、バックホウにて荷降ろし、舗装レーキで均一に敷均しプレートコンパクタ、ハンドローラ、振動ローラ等の締固め機械にて仕上げます。

路面切削工

アスファルト舗装の維持修繕工法です。舗装表面を路面切削機(ロードカッター)で削り取り、切削廃材はベルトコンベアにてダンプトラックに積み込み搬出します。

既設舗装版を全て取り壊す必要がないので舗装構成が厚い場所等のアスファルト表面の修繕に適しており、道路のリフレッシュ工事に多く用いられています。

区画線工

道路や駐車場等の利用者の安全を図る路面に描かれた指示、誘導ラインです。ニーダ―車の溶融釜に溶融式樹脂塗料を溶解し施工機にて、施工を行います。


補修

舗装は、交通荷重や気象条件等の外的作用を常に受け、また舗装自体の老朽などにより放置しておけば供用性が低下し、やがては円滑かつ安全な交通に支障をきたします。これを防ぐためには常に路面状態を把握し、適切な維持修繕を行うことが大切になります。

主な施工場所:庭の舗装(舗装割れ 等)、道路


防塵舗装(簡易舗装)

砕石の駐車場や砂ぼこりの舞う砂利道等の路面にアスファルト乳剤を浸透させ、砕石と乳剤の層(2~3層)を転圧させます。
アスファルト舗装ほどの強度はありませんが、コストが安価で施工が容易なことが大きなメリットです。
防草効果もあるので、ご自宅のお庭にも。

主な施工場所:砂利や砕石の駐車場・交通量が少ない私道など