.

舗装業のやりがいといえば。

自分の携わった工事現場を完成させたときに達成感や充実感が得られます。

特に公共工事だと、検査を受けてから評価点が出るので、目標より良い点数だったら嬉しいです。逆に自分が思っていたより低かったら、次はもっと努力しようと思いますね!

他にも民間工事だと、お客様に「きれいな舗装になったね」と言われると嬉しいです。それから、工事現場を完成させて実際に車で通行する際に、いろいろと苦労した事などを思い出し、思い出となることです。

やりがいとは異なりますが、この仕事についたおかげで他の土木会社さんの人脈はだいぶん増えました。いろいろな人と出会うことで、助けていただいたり、協力してもらったりすると非常に嬉しいです。


今後舗装業界で重要になってくる部分は何だと思いますか?

顧客の満足を図り、お客様に喜んで頂きたいと思っています。

同じお客様から繰り返し、発注を頂く、または知人の紹介を頂く民間工事においては、良い提案をし、コストの削減にも努めていきたいです。

公共工事においては、評価点を高く頂いて、顧客様に満足していただける様に頑張っていきたいと思っています。
また、自分自身、日々努力していき、技術力をもっと向上していきたいです。

太陽舗道への入社のきっかけを教えて下さい。

まずこの業界を志すきっかけとしては、小学生の時に兄から土木・舗装工事の現場監督はやりがいのある仕事だと聞かされていて、それがずっと頭に残っていたことです。

それから、だんだん将来は土木・舗装の仕事をやってみたいと思うようになりました。だから、高校も工業高校に入学して、土木・舗装について専門的に学びました。

いったんは他社の建設業で就職して、舗装技術者や土木技術者について学びました。資格を取得しましたので、それらをもっと活かしたいと思って太陽舗道に入社しました。

これから太陽舗道への入社を考えている方に伝えたいことは?

舗装工事の現場を一度体験してみてください。多くの現場に行き、経験を積んでください。

まず、現場をもって行動し、また考えて判断する様になれば、仕事を完成させた達成感や充実感が得られると思います。

それから、太陽舗道では重機に乗ったり、レーキ・スコップなどをする事で、舗装の技術力も上げることが出来ます。